はじめに

グローバルに活動する裕福で高い技術を持つ人が増えています。ますます多くの人が視野を広げるため、またビジネスの利益を増加させるために、投資移住に目を向けています。マルタは、このチャンスを利用し、人的資源を豊かにし、ビジネスの商才を共有することにより付加価値を提供することができる市場のリーダーを引きつける可能性によって推進する市場に進出しました。

2014年に政府はこれに着目し、マルタ国民の投資プログラムの策定と実行のための入札を発行し、ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)が落札しました。マルタ個人投資プログラム(IIP)は、申請者にマルタの市民権を獲得する機会を提供します。つまり、EU市民権を得ることになります。

投資セクターによる市民権という点では、かなり新しい参入者であるものの、マルタは、主要な海外投資移住プログラムと考えられるプログラムを育ててちょうど4年になります。

マルタ個人投資プログラム機関


2018年5月以来、IIPは、投資プログラムによるマルタ市民権の管理を専門に行う独立行政団体によって管理されています。マルタ個人投資プログラム機関(MIIPA)は、申請手続き、詳細な適正評価プロセスの実施、市民権許可あるいは他の目的で政府に推薦書を提出する責任があります。


マルタは、産業における適正評価プロセスの「判断基準」を実施します。MIIPAは、安定性と厳重な規制基準により円滑なプログラム実施が可能であることを認識し、各申請の詳細レベルまで調査します。

任務と目標

私たちの任務は、家族のためにより豊かで安全な生活を築き、家庭と呼べるような心地よいコミュニティの一員となる機会を、有能な人々に与えることです。私たちは、もっと自由な旅行を求める裕福な個人と言えば、真っ先に思い出すのがマルタであるような状況になることを追求します。

私たちの目標は、マルタを公明正大に有名にし、ビジネスを活性化し、雇用を創出し、収益と人的資源を増やすことによって、積極的に社会に貢献するビジネスノウハウ、経験、スキル、資金のるつぼを作ることです。これによりマルタは、革新的な海外直接投資を通じて、新天地を切り開いていくことができます。

私たちは、プログラム管理において、透明性と良い統治を実施することを主張し続けます。経済的市民権プログラムの公正を保つことは、私たちの最重要事項です。

マネジメントチーム

Jonathan Cardona

Jonathan Cardona

最高経営責任者(CEO)

今日、個人投資プログラム(IIP)により、わが国はより強く、より多様性があり、より世界に開けた国と言えます。

Monica Farrugia

Monica Farrugia

チーフオフィサー

経営および財務

私たちの制度とサービスの向上に尽力し、すべての利害関係者が安心できるような信頼できるプログラムを確実に維持していきます。

取締役員

議長

– Frances Mifsud 氏

秘書

– Ruben Schembri 氏

メンバー

– Sarah Agius 氏
– Nadette Azzopardi 氏
– Ian Castaldi Paris 博士
– Godfrey Vella Bonello 設計者

マルタ個人投資家
プログラム機関(MIIPA)

Mediterranean Conference Centre
Old Hospital Street
Valletta, Malta VLT 1645

電話: +356 21 225 232
Eメール: info@iip.gov.mt

サイトマップ
利用条件

Print Friendly, PDF & Email